仙骨を温めるとこんなに良いことが!

横浜元町 整体療術院 やか

JR石川町駅より徒歩4分

受付 9:00~21:00 定休日 月曜日

0456816119

WEB予約

お問い合せ

BLOG:今日のお客様

仙骨を温めるとこんなに良いことが!

BLOG:今日のお客様

2020.02.06

今日は仙骨というとても重要な部位についてご紹介します。

 

まず仙骨ですが、お尻の中央部でベルトラインの下から下方に向かってある骨の事です。

 

この仙骨は体の中であまり意識する部分ではないですがとても重要な働きをしています。

 

例えば、

 

仙骨を温めると、冷えや不眠は真っ先に効果が出て、

 

更に

 

消化不良、胃もたれ、便秘、下痢、軟便など、胃腸の不調にもよく効きます。

 

その他、

 

頻尿や尿の出が悪いなどの泌尿器の症状、女性なら生理痛、不妊、更年期障害、男性なら精力減退や勃起障害(ED)といった症状にも効果的です。

 

そして、

 

慢性腰痛やギックリ腰、脊柱管狭窄症といった骨格系のつらい症状も、仙骨を温めることで改善できます。

 

仙骨は、骨盤の中心部分であると同時に、背骨の土台としての重要な役割を果たしています。

 

つまり仙骨は、上半身と下半身をつなぐ要の骨なのです。

 

ですから、仙骨のバランスがくずれると、全身の骨格に影響し、腰痛などの原因に繋がります。

 

それ以外にも、仙骨はいろいろな意味で重要な骨です。

 

仙骨を中心とする骨盤には、内臓が多く詰まっています。

 

そのため、仙骨が冷えると、これらの臓器にさまざまな悪影響が及ぼされます。

それだけではありません。

 

骨盤へは、体の動脈のメインストリートともいえる腹大動脈から、枝分かれして臓器に行く多数の血管が通っています。

 

ですから、仙骨を温めることで、体の血流を促し、特に骨盤内の臓器への血流をよくして、それらの働きを高められます。

 

また、仙骨には、自律神経の一種である副交感神が通っています。

 

副交感神経は、体のリラックスした状態をつくる神経で、腹部の臓器の働きを高める作用を持っています。

 

その副交感神経を、体の外から、もっともダイレクトに刺激できる場所なのです。

 

血管や神経が豊富な場所でも、厚い筋肉におおわれていると、外から温めたとき、なかなか内部に刺激が届きません。

 

これは誤解も多いのですが、温熱刺激がダイレクトに伝わるのは筋肉ではなく骨です。

 

仙骨部分は、触れてわかるとおり、皮膚のすぐ下に広い骨があるので、温熱刺激がダイレクトに伝わります。

 

こうした理由により、仙骨を温めると、血管や神経にすばやく刺激が伝わり、内臓の働きがよくなって、前述のような幅広い効果が得られるのです。

 

いかがですが、仙骨はとても重要な部位であることはご理解できたでしょうか。

 

これからの夏は暑いですが、お尻はとても冷たくなり易いので十分に注意してくださいね。

 

▶ 坐骨神経痛・腰痛 改善整体 のページへ

▶ 坐骨神経痛・腰痛 改善整体 の記事へ

pagetop

pagetop

1日2名 限定!YBM施術 + 改善整体

1日2名 限定!YBM施術 + 改善整体

横浜元町 整体療術院 やかJR石川町駅より徒歩4分 /
「元町」バス停より徒歩1分

0456816119

0456816119

google map

WEB予約

お問い合せ

WEB予約

お電話

お問合わせ

アクセス