坐骨神経痛、医者からは歩けと言われたが

横浜元町 整体療術院 やか

JR石川町駅より徒歩4分

受付 9:00~21:00 定休日 月曜日

0456816119

WEB予約

お問い合せ

BLOG:今日のお客様

坐骨神経痛、医者からは歩けと言われたが

BLOG:今日のお客様

2020.08.08

坐骨神経痛が重症化すると少しの距離も歩けないぐらいの激痛がありご来院頂いた方をを治療していると、

 

「病院では痛くてもガマンして歩くようにと言われたんですが、痛くて歩けないんです」

 

とか、

 

「高齢の場合は歩かないと寝たきりになりそうで不安です」

 

といったお話をよく聞きます。

 

このように腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛の症状でまともに歩けないような人の中には、

 

無理やり歩くべきかどうかお悩みの方が多くいらっしゃいます。

 

結論ですすが、

 

坐骨神経痛の症状で歩く事で強い痛みがあるのであれば絶対に無理して歩かないでください。

 

坐骨神経痛の人は、普通なら何でもないような弱い動作や負担でも悪化しやすいという特徴があります。

 

坐骨神経痛を発生させる疾患の原因は腰椎(腰の骨)での神経の圧迫によって発生し、

 

圧迫された神経の近くは炎症が常に発生しやすい状況になっています。

 

炎症は近くの神経を興奮させ、感覚を過敏にさせる特徴を持っているので

 

感覚が過敏になると、ちょっとした動作や短い距離を歩くだけでも痛みを感じやすくなってしまう訳です。

 

こういった感覚の過敏性が坐骨神経痛の最も厄介な特徴です。

 

しかもこの炎症反応は、痛みを感じると更に強くなるという性質もあります。

 

つまり、無理やり歩いて痛みが発生すればするほど炎症反応も強くなり、その影響で感覚の過敏性が更に強くなって症状がより強くなってしまいます。

 

強い坐骨神経痛が発生している時に患者さんが出来る最も有効な方法は安静にする事です。

 

消極的な方法と思われますが、まずは安静にする事が最も無難な方法です。

 

痛みが少し落ち着いたら仕事の出来る治療院で整体施術をお受けて下さい。

 

▶ 坐骨神経痛・腰痛 改善整体 のページへ

▶ 坐骨神経痛・腰痛 改善整体 の記事へ

pagetop

pagetop

1日2名 限定!YBM施術 + 改善整体

1日2名 限定!YBM施術 + 改善整体

横浜元町 整体療術院 やかJR石川町駅より徒歩4分 /
「元町」バス停より徒歩1分

0456816119

0456816119

google map

WEB予約

お問い合せ

WEB予約

お電話

お問合わせ

アクセス