腰部脊柱管狭窄症|横浜中区石川町の整体で圧倒的な改善実績|横浜元町 整体療術院 やか

横浜元町 整体療術院 やか

JR石川町駅より徒歩4分

受付 9:00~21:00 定休日 月曜日

0456816119

WEB予約

お問い合せ

対応症状

腰部脊柱管狭窄症

カテゴリー :  腰の症状

2017.11.14

【 症状 】
最も特徴的な症状は、長くて2~3分歩すると痛みがだんだん増してきて休まないとまた歩けなくなる間欠跛行です。
安静時はほとんど痛みを感じませんが歩くと臀部から脛にかけて痛みや痺れが出るようになります。
前かがみが楽なので、車に運転や自転車には乗れることもあります。
症状が進行すると排せつ排尿のコントロールができなくなったり足首がマヒしたりします。
 
【 原因 】激しいスポーツや、腰を曲げる仕事、加齢、などで極度の腰椎の椎間板ヘルニア、すべり症、老化による椎骨の変形などで脊髄の中の神経を刺激しているなどが考えられます。
間欠跛行は下肢の動脈硬化でも同じような症状があるので注意が必要です。
 
【 治療・予防 】
病院でレントゲンやMRIで腰部脊柱管狭窄症と判断されると、
まず、痛み止めなどを3ヶ月ほど試し改善しない場合はブロック注射、
それでも改善しない場合は手術を勧められるのが一般的です。
ここで安易に手術するのは禁物で、手術をしても痛みが消えないことがあることは頭に入れておくことが必要です。
本当に脊髄中の神経に影響を及ぼしている場合は排せつのコントロールや足首のマヒが起こるのでその場合には手術を考える事になると思います。
それ以外の場合は、狭窄している周辺の筋肉拘縮による血行不良が痛みの原因の場合があるのでその筋肉拘縮を解消できる治療をすることがいいでしょう。

pagetop

pagetop

1日2名 限定!YBM施術 + 改善整体

1日2名 限定!YBM施術 + 改善整体

横浜元町 整体療術院 やかJR石川町駅より徒歩4分 /
「元町」バス停より徒歩1分

0456816119

0456816119

google map

WEB予約

お問い合せ

WEB予約

お電話

お問合わせ

アクセス