坐骨神経痛|横浜中区石川町の整体で圧倒的な改善実績|横浜元町 整体療術院 やか

横浜元町 整体療術院 やか

JR石川町駅より徒歩4分

受付 9:00~21:00 定休日 月曜日

0456816119

WEB予約

お問い合せ

対応症状

坐骨神経痛

カテゴリー :  腰の症状

2017.11.14

【 症状 】
坐骨神経痛の症状は臀部から大腿部の後面、外側、更に膝下の脛、足の指先に痛みや痺れを感じます。
坐骨神経は腰椎から分かれて出てきた神経根が集まってできている神経で膝上までを指し、膝下から細かく分かれ指先まで分布しています。この事より坐骨神経経路上の痛みや痺れはすべて坐骨神経痛と呼びます。
また厄介なことに、仮に痛みの元が臀部にあったとしても問題のない大腿部の裏に痛みや、指先に痺れを感じることがあります。
 
【 原因 】
原因は多種にわたりますが、腰部椎間板ヘルニアやしれに伴う腰部脊柱管狭窄症などが主な原因と言われています。
ヘルニアや狭窄症で神経が圧迫されている場合は本来足首が上がらない、排せつのコントロール不良が生じ日常生活に決定的なダメージがあるので多くの場合手術を勧められます。
しかし、それ以外の強烈な痛みや痺れは坐骨神経経路上近くの筋肉の異常によることが多いので、安易に手術しかないと考えないほうが良いのではないでしょうか。
坐骨神経痛は突然発症することはまずありません。
例えば腰痛を長期にわたり放置しておいた、臀部や大腿部裏に痛みを感じるが時に感じない時もあるのでそのままにしておいた、などの症状が前もって必ずあるはずです。
 
【 治療・予防 】
痛みが強い場合は、病院でレントゲンを撮り今の状態がどのようになっているか把握することが重要です。
病院で痛み止めなどを処方されたらキッチリ服用します。
重要なことは、レントゲンやMRIの結果、ヘルニアとか狭窄症になっていると言われてもすぐに今の痛みや痺れがこれのためと考えないようにしてください。
そして、薬を服用しつつ坐骨神経痛を治療できる治療院で治療することです。
治療後は傷んでいる部分を冷やさないようにすること、また、痛みがあるときはできるだげ重いものは持たず、良い姿勢で日常を過ごすようにします。

pagetop

pagetop

1日2名 限定!YBM施術 + 改善整体

1日2名 限定!YBM施術 + 改善整体

横浜元町 整体療術院 やかJR石川町駅より徒歩4分 /
「元町」バス停より徒歩1分

0456816119

0456816119

google map

WEB予約

お問い合せ

WEB予約

お電話

お問合わせ

アクセス