院長の坐骨神経痛日記|横浜市中区石川町、全身整体、 整体療術院 やか|page2

電話 045-681-6119電話 045-681-6119

院長の坐骨神経痛日記

院長の坐骨神経痛日記-痛みと戦いが始まっていた!

2015年07月15日

薬に頼る事3年全然薬が効かない時期と効いているような時期が半年~1年毎に繰り返すようになっていました。痛みが薄れている時期にはうれしく、痛みが強い時期は本当に治るのかと今思うと本当に苦しい時期を何年か過ごしていたと思います。そして、ある転機が来ました。それは、... 続きを読む

院長の坐骨神経痛日記-頼りは病院だけなのに?

2015年07月05日

処方された薬を服用するも全然効果が無く半年が過ぎた頃なんとなく痛みが薄れてきました ( 脛のしびれはまだありましたが ・ ・ ・ )とてもうれしい気持ちになりましたが、本当に薬が効いたの?と疑問が残ていました。今までの痛みが強いので喜びましたが、腰や臀部の痛み... 続きを読む

院長の坐骨神経痛日記-やっと病院へ行くと

2015年06月24日

痛みが日常化していたある日いつもより腰も脚も痛みが強く歩くことが困難になるくらい(100m続けて歩けないくらい)になり”これでは病院に行かなくては”とやっと重い腰を上げ近くの整形外科へ行きました。レントゲンを撮り問診をし「ヘルニア、になっているので腰痛と坐骨神... 続きを読む

院長の坐骨神経痛日記-それでもまだ病院に行かなかった!

2015年06月20日

正月に本当に痛い思いをして、その後も何回か痛くなってしまいましたがそれでもまだ病院へ行こうと思いませんでした。それはナゼ?それは痛みが日常化していたため多少の痛みには慣れていました。そして、痛みが強くなっても我慢すればいつもの痛みに戻るから大丈夫と思い始めてい... 続きを読む

院長の坐骨神経痛日記-まだ40代だから大丈夫さ!

2015年06月04日

40歳を過ぎたある元旦(誕生日が1月2日)に、朝方、右足のひざ下が痛く目が覚める、すっごく痛く、右足を上にしていないと我慢できないくらいです。救急車を呼びたいくらいでした。その強烈な痛みは午前中に少し和らいだのでドラッグストアで痛み止めを購入し服用しましたがた... 続きを読む

院長の坐骨神経痛日記-いつしか右足の脛が痺れていた

2015年05月22日

坐骨神経痛の症状がじわじわと現れてきました。ある日、どうも右足脛の脇あたりが痺れているような感じがしていました。なぜか自然に手がそのあたりを摩るようになっていたのです。坐骨神経痛の症状の現れ方は色々ある様で、太ももの裏あたりに痛みが出たり、脛の横に痺れや痛みが... 続きを読む

院長の坐骨神経痛日記-それでもテニス・ゴルフをプレイしていた!

2015年05月14日

さて、再び坐骨神経痛日記のつづきです。前回は、半年間リハビリへ通いお尻のエクボあたりに違和感があったり腰が疲れやすくなって15年が経過した、ところまでお話ししました。ではそのの間どうしていたのか、ですが若いこともあって、テニスやゴルフを今までと同じように続けて... 続きを読む

院長の坐骨神経痛日記-慢性疲労を解消する身体造り

2015年05月02日

正しい姿勢が出来る様になると自然に慢性疲労が解消し始めます。では、正しい姿勢をするためには何が必要なのでしょう。デスクワーク、立ち仕事、専業主婦、学生、アスリート、力仕事・・・など人が活動する種類は様々です。その中でも正しい姿勢がそれぞれあります。例えば、デス... 続きを読む

院長の坐骨神経痛日記-慢性疲労はなぜ解消されない?

2015年04月21日

先日、自己治癒力のお話を致しました。「寝ても疲労が取れないのはなぜ?」① 日中の肉体的疲労が極端に大きい。② 極度のストレスが自己治癒力を低下させている。③ 睡眠不足や栄養不足で自己治癒力が極端に低下している 。この3つのいずれかに覚えのある方はその日のうちに... 続きを読む

院長の坐骨神経痛日記-寝ても疲労が取れないのはなぜ?

2015年04月09日

私たちの身体は不調が発症すると自分自身で回復させる力を持っています。例えば、料理中に指を切った、スポーツ中に捻挫した、転んであざが出来た、など軽傷の場合は特に病院にも行かずに治ってしまいます。これは、人間の自己治癒力がその部分を回復させるからです。では、病院に... 続きを読む