横浜市中区の 整体療術院 やか|腰痛の方は胃腸が弱っているかもしれませんよ!

電話 045-681-6119電話 045-681-6119

腰痛の方は胃腸が弱っているかもしれませんよ!

■2016/08/12 腰痛の方は胃腸が弱っているかもしれませんよ!
横浜元町 整体療術院 やか
KaRaDa Keeper YAKA
http://www.yaka-seitai.com


毎日デスクワークをしているオフィスワーカーのなかには腰痛でお悩みの方が多くいらしゃいます。
 
 

今日は、そんな方に胃腸と腰痛の関係についてお知らせします。



胃腸は腰痛と何の関係もなさそうにも見えますが、実は思っている以上に密接に関係しています。
 

 
まず人体の優先順位から考えると、一番守らなければいけないのが内臓です。



内臓はいわば生命維持装置なので、筋肉や骨はそれを守るという重大な役割があります。
 
 

したがって、その胃腸が弱るとまず背中側の筋肉が緊張をし始めます。



人間の筋肉というのはそのほとんどが対になっており、お互いを引っ張り合いながら支えていますから、



背中側の筋肉(脊柱起立筋)が緊張をし始めると、それにつられるようにお腹側の筋肉(腹直筋)も緊張し始めます。
 
 

胃腸が不調を訴え始めると、



人体の中で「身体が弱っているからエネルギーが必要だ!」



という指令が出ます。



すると、人間はまず甘いものや脂っこいものなど、即エネルギーになる食べ物を欲しがろうとします。
 
 

「身体がそれを必要としているから、それは供給したほうがいいのでは?」



と考える方もいるかもしれません。



ただ甘いものや脂っこいものは即エネルギーに変わる反面、消化器官に多大なストレスを与えます。
 
 
 
弱っている身体はできる限りのカロリーを摂取しようとしているので食欲はグングンと増しますが、



その欲に任せて過剰に食べると、ただでさえ弱っている胃腸に追い打ちをかけるかのような負担をかける結果となってしまいます。
 
 
 
なかにはストレスによって胃腸がやられるという方もいるでしょう。



ただストレスはすべての現代人が抱える問題で、その原因の多くは仕事や人間関係など、避けたくても避けられないものばかりです。
 
 
 
そういった場合、やはり一番いいのは身体を動かすことです。



これは何もジムに入って本格的なトレーニングをするというわけではありません。
 
 
 
例えば散歩などでも十分です。



散歩をしていると鎮痛作用のあるβエンドルフィンや



モチベーションをあげるドーパミン、『幸せホルモン』とも呼ばれるセロトニンなどの分泌量が増加するため、



気分転換にはもちろんのこと、ストレスを解消することにより胃腸への負担も減ります。



ただでさえ仕事で忙しいという方は、例えば帰り道にちょっと遠回りをしてみたりするだけでもいいでしょう。



皆さんの参考になれば幸いです。



HPの「お勧めコンテンツ」で
「院長の坐骨神経痛日記」好評連載中!


”横浜元町 整体療術院 やか” は、
横浜市中区石川町・元町の整体院!



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「いいね!」や「ツイートする」より
是非コメントやご感想をお願い致します
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
横浜元町 整体療術院 やか
KaRaDa Keeper YAKA
http://www.yaka-seitai.com
---------------------------------------------------
住所 : 神奈川県横浜市中区山手町 27-5
ベイステージ元町 207
TEL : 045-681-6119
---------------------------------------------------
Facebook : http://p.tl/MyuK
Twitter : http://p.tl/lfLy
mixi : http://p.tl/a6-X
ameblo : http://p.tl/qHdk
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇