頸椎ヘルニア|横浜市中区石川町、全身整体、整体療術院 やか

電話 045-681-6119電話 045-681-6119

頸椎ヘルニアの症状と治療期間-横浜元町 整体療術院 やか

2014年11月22日

頸椎ヘルニアは、スポーツの怪我、交通事故などの原因により発症しますが、その痛みや痺れは肩から指先、もしくは脚にも及ぶことがあります。

病院に行きレントゲンやMRIで検査すればはっきりしますが、まだ病院に行っていなければ次のような検査で解ります。

① 枕なしで仰向けで寝れるならば頸椎ヘルニア以外の原因と思われます。

② ①の状態で痛みが出るようであれば頸椎ヘルニアの疑いがあります。

③ ②の状態から枕を高くしていくと痛みが薄れてくるようであれば頸椎ヘルニアが濃厚です。

頸椎ヘルニアの場合病院では、3ヶ月間の間に投薬、牽引、それでも良くならなければブロック注射を行いそれでも軽減しない場合は手術を勧められるでしょう。

当院では、頸椎ヘルニアの出っ張りを治すことはできませんが、痛みを軽減させることは可能です。

この場合、治療スケジュールは1.5ヶ月前後は週2回で痛みはかなり軽減するでしょう。

その後、治療を週1回を1~2か月行い元に戻るような事が無ければメンテナンス機関に移行し月1~2回の治療をする事で予防をしていきます。

痺れについてはその方の症状によりさまざまです。

まずは痛みを軽減し普通の生活に戻られることをお勧めしています。

”横浜元町 整体療術院 やか” は、横浜中区の石川町駅に近い整体院!

一覧へ